読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戸山フロイト研究会公式サイト

早稲田大学非公認サークル・戸山フロイト研究会公式サイトです! 精神分析について学んでいる方、学びたいと思っている方、お気軽に部室(学生会館E515)まで遊びに来てください。

戸山フロイト研究会とは

戸山フロイト研究会は、2014年に発足した、早稲田大学の非公認サークルで、現在約8名が在籍しています。ジークムント・フロイトに始まる精神分析、および彼の影響を受けた哲学思想、批評理論、また各種精神療法、脳科学などを学ぶ学部生・大学院生の間のネットワークとして機能することを目的としています。

 

  • 活動

私たちの活動は大きく二つに分類されます。一つは勉強会です。これは、各会員の研究成果の発表の場所で、各々が自らの関心に基づいて行った研究をレジュメにまとめ、他の会員の前で発表する場です。自分の研究に対する他の会員からの意見を聞くことで、より研究の完成度を高めていくことを目的としています。また、複数の会員が合同で勉強会を行うシンポジウムも開催しています。勉強会およびシンポジウムは不定期に開催します。

もう一つが輪読会です。これはテクスト講読の場で、伝統的な精神分析のテクストを一つ選び、各部分に割り当てられた担当者が内容を要約しながら、皆でテクストの内容を確認していきます。勉強会がオリジナルな研究発表の場であるのに対して、輪読会は一つのテクストについての厳密な読解を目標としています。こちらは定期的に行います。

その他、主に勉強会での発表を発展させた論文を収録した会報誌の発行、外部から講師をお招きしての講演会などの活動も予定しています。

 

  • 会員

現在は早稲田大学の学部生・院生によって構成されていますが、他大学の方の参加もお待ちしております。会員資格は特には設けておりません。学部生・院生の方ならどなたでもご入会いただけます。また会費等もありません*1入会希望の方がいらっしゃいましたら、別記連絡先までご連絡ください。

 

  • 活動場所

現在、部室は早稲田大学現代文学会の部室(早大学生会館E515)をお借りしています。基本的に、輪読会は部室で、勉強会は学生会館内の会議室で行っています。

 

  • 早大現代文学会とのつながり

当会はもともと早稲田大学現代文学会所属の学生が立ち上げました。そのため今でも現代文学会とは活発な交流があり、部室も兼用しています。現代文学会については下記の公式サイトをご参照ください。

早稲田大学現代文学会公式サイト(部室は学生会館E515)

 

  • 連絡先

お問い合わせ - 戸山フロイト研究会公式サイト

をご参照ください。

 

  • その他

より詳しい活動方針につきましては

戸山フロイト研究会設立に際して - 戸山フロイト研究会公式サイト

をご参照ください。

*1:ただし、部室は現代文学会のものを借りていますので、部室への鍵登録をご希望の方は、別途現代文学会に入会していただく必要がございます(会費・年1,500円)