読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戸山フロイト研究会公式サイト

早稲田大学非公認サークル・戸山フロイト研究会公式サイトです! 精神分析について学んでいる方、学びたいと思っている方、お気軽に部室(学生会館E515)まで遊びに来てください。

『psychA』続報その3――書評について

フロ研ですこんにちは!

『psychA』の先日は順調に進んでいます。先日は部室で検討会を行いましたが、5時間の検討会で半分以下しか進まず、翌日のSkype会議に持ち越されましたが、そこでも4時間の会議の末、決着がつかず、翌々日の2時間のSkype会議でようやく終わるという波乱の展開を見せました。しかしそのぶん完成度の高い原稿が出来上がるでしょう!

というわけで今回は書評についてのお知らせです。

 

書評は大きく二つのコーナー、「今季の新刊」と「フロ研セレクション」によって構成されます。

 

前者は今年上梓された精神分析関連の書籍を扱うもので、今回は、

河野一紀『ことばと知に基づいた臨床実践――ラカン精神分析の展望』

小林芳樹・編訳『ラカン 患者との対話――症例ジェラール、エディプスを越えて』

についての書評を収録しました。

 

後者は、精神分析の隠れた名著をフロ研員が紹介するもので、

アニー・コルディエ『劣等生は存在しない』

十川幸司精神分析』(思考のフロンティア)

加藤敏監修『天使の食べ物を求めて――拒食症へのラカン的アプローチ』

についての書評が掲載されます。

 

特集のラカンに因んで、今回はすべてラカン派の著作についての書評を掲載しました。入門書レビューとは異なり、ひとつの著作をじっくりと語るこのコーナー、注目です。

 

次回は論文についてお知らせします。

 

というわけで完成に近づいている『psychA』は、11月24日(月・祝)第19回文学フリマで発売します。ブースは2階、カ-18です。みなさんお楽しみに!

 

 

これまでのお知らせ

戸山フロイト研究会誌『psychA』創刊! - 戸山フロイト研究会公式サイト

『psychA』続報! - 戸山フロイト研究会公式サイト

『psychA』続報その2――入門書レビューについて(続) - 戸山フロイト研究会公式サイト