読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戸山フロイト研究会公式サイト

早稲田大学非公認サークル・戸山フロイト研究会公式サイトです! 精神分析について学んでいる方、学びたいと思っている方、お気軽に部室(学生会館E515)まで遊びに来てください。

『psychA』続報その2――入門書レビューについて(続)

フロ研ですこんにちは!

入門書レビューにて扱う本の一覧が完成しましたのでお知らせします

 

斎藤環『生き延びるためのラカン』/向井雅明『考える足』/ブルース・フィンク『後期ラカン入門』/小笠原晋也『ジャック・ラカンの書』/ブルース・フィンク『精神分析技法の基礎』/十川幸司精神分析への抵抗』/新宮一成立木康介(編)『知の教科書フロイトラカン』/加藤敏監修『天使の食べ物を求めて』/藤田博史『人間という症候』/鈴木晶フロイト精神分析』/フィリップ・ヒル『ラカン』/ダリアン・リーダー『FOR BEGINNERSラカン』/佐々木孝次・他『ラカン『アンコール』解説』/小林芳樹(編訳)『ラカン 患者との対話』/福原泰平『ラカン――鏡像段階』/向井雅明『ラカンラカン』/原知之『ラカン 哲学空間のエクソダス』/ピエール・レー『ラカンのところで過ごした季節』/ビチェ・ベンヴェヌート&ロジャー・ケネディラカンの仕事』/新宮一成ラカン精神分析』/スラヴォイ・ジジェクラカンはこう読め!』/ブルース・フィンク『ラカン精神分析入門』/赤坂和哉『ラカン精神分析の治療論』/フィリップ・ジュリアン『ラカンフロイトへの回帰』/ジェーン・ギャロップ『ラカンを読む』/アニー・コルディエ『劣等生は存在しない』/立木康介『露出せよ、と現代文明は言う』/Dylan Evans, An Introductory Dictionary of Lacanian Psychoanalysis/Véronique Vorus & Bogdan Volf, The Later Lacan/Ellie Ragland & Dragan Milovanovic, Lacan: Topologically Speaking

・総評(片岡一竹)

 

全30冊という大ボリュームです。もう読んだという本も、未読だという本もあるでしょう。みなさま是非ご一読ください。

 

次回は書評についてお知らせします。

 

というわけで完成に近づいている『psychA』は、11月24日(月・祝)第19回文学フリマで発売します。ブースは2階、カ-18です。みなさんお楽しみに!

 

 

これまでのお知らせ

戸山フロイト研究会誌『psychA』創刊! - 戸山フロイト研究会公式サイト

『psychA』続報! - 戸山フロイト研究会公式サイト